マッチング結果 大学病院? 市中病院?

あなたは大学病院? 市中病院?

人気は?

東京の91・7%。次いで沖縄(84・0%)、神奈川(80・1%)、福岡(79.9%)、京都(77・2%)、大阪(74・5%)の順。

地域格差 誰かが解決しなければならない・・・・・

僻地行きたい人・・・・・ 私は都会派ですが、自ら手を上げるべきか、当分考えます。    

大学病院の臨床研修また半数割れ 続く“地域格差”

47NEWS 2008年10月16日
http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008101601000666.html


 来春医師になる大学生ら約8000人の臨床研修先を決める「マッチング」結果が16日明らかになり、大学病院に行く医師の割合が昨年と同じ49・1%と、4年連続で半数を割り込んだことが分かった。

 都道府県別では、東京など大都市の病院が人気を集める一方、富山、島根など5つの県では募集定員に対して確保できた学生の割合(充足率)が5割にも届かないなど、“地域格差”があらためて浮き彫りになった。

日本医師会などでつくる協議会によると、マッチングに参加し、希望病院を登録した医大生は8167人。このうち7858人の研修先が決まり、内訳は大学病院が3859人(49・1%)民間や自治体などが運営する市中病院が3999人(50・9%)だった。

 都道府県別の充足率のトップは、昨年に続いて東京の91・7%。次いで沖縄(84・0%)、神奈川(80・1%)、福岡(79.9%)、京都(77・2%)、大阪(74・5%)の順。最も低かったのは富山の39・2%で、鳥取(43・3%)、長崎(48・7%)、高知(48・8%)、島根(49・5%)と続いた。

大学病院別の充足率は東大、慶応大など都市部の23病院が100%だったのに対し、東北や北陸地方を中心とする22病院で50%を切った。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック